2015年05月29日

こももありがとう

突然ですが5月27日、こももが虹の橋を渡りました。11歳2ヶ月でした。

image.jpg

このところ、そこそこ元気に過ごしており、大好きな窓辺で外を眺めたりしてました。しかし、27日の未明からお腹の調子が悪いのかうずくまりながら異常に鳴きました。少し撫でてあげると落ち着き、また1時間位すると鳴くの繰り返し。明け方は私も寝てしまい、起きてみると嘔吐と下痢。食欲はなかったのですが水を飲んだりぐったりしてる様子もなかったので、いつも通り点滴をし、吐き気止めの注射をして様子を見ることに。

しばらくするとこももがフラフラとしながら家に入りました。出勤しようとこももを覗くとヨダレを垂らしてました。こんな事は一度もなかったのでどうしようかと迷ったのですが、夕方病院連れて行こうと思い、うしろ髪引かれながら出社しました。

病院行こうと早めに帰宅し、こももを探すと朝入った家の中で背中を向けてました。こももと呼んでも動かず、既に亡くなってました。冷たくなってたので随分時間も経ってしまったのでしょう。最後はりんとはるに見守られ行ったのかな?一緒にいられなかった事が悔やまれます。

お世話になった先生に報告すると、最後を見せたくなかったのではと。本当にそうかもしれません。ギリギリまで元気なふりして、最後を見せないなんて、頑張り屋さんでいい子すぎます。
でも最後が病院でなく、住み慣れた家だったことは良かったと思います。

そして今日、お別れをしてきました。

image.jpg

お花が好きだったのでたくさんお花を入れてあげました。

image.jpg

家から少し離れた荒川河川敷で旅立ちました。周りにはたくさんアジサイが咲いてました。

image.jpg

小さくなったこももはamesyoさんに頂いたお花に囲まれてます。amesyoさん、お気遣い頂きありがとうございました。
嫌な治療からも解放され、楽になっている事でしょう。京都のあんずお姉さんも迎えに来てくれたから安心だね。

こもも、たくさん辛い思いをさせてしまったけど、今までありがとう。

ニックネーム まどりん at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする